2018/02/06

LMポテンシー

わたしのホメオパシーに対する知識と感覚は、完全に師匠とわたしが通う大学(National Institute of Homoeopathy、通称NIH)由来なので
インターンシップで外部の病院に勤務するまで気付かなかったのですが、こんなにLMポテンシーを常用しているのは、コルカタ内でもNIH卒業生ぐらいらしいのです

そこで、日本でもあまりなじみのないであろうLMポテンシーについてまとめてみました

主にNIHの薬学の授業(1年生の必修科目)で使われている薬学の教科書
の抜粋を翻訳し、少しわたしからのコメントを加えています

学術文書として、わざと「レメディ」ではなく直訳の「ホメオパシー薬」と表記しました

異なるホメオオパシー薬の調合方法
(↑dropboxのリンクに飛びます)

翻訳ミス、誤字脱字、よく分からないところなど、ありましたらお知らせください^^

2018/02/04

一処方入魂

わたしが勉強する機会をもらっているインドの患者さんたちは
携帯電話を持っていたとしても、スマフォではないタイプの電話で
簡単にやれFBだ、やれIGだ、やれLINEだのでつながることはないので

「あー、あの処方、こうしておけばよかった。。。」
と家に戻ってきてから悔やんでも、どうすることもできない

今回の分の処方が終わって、また自ら診察に来てくれることを祈るのみ

まさに
一処方入魂

受付のお姉さんに(おばさんと呼ぶと怒られる)適当に振り分けられて、わたしのところにくる患者さん

良くなって来なくなることもあるし
全く効き目を感じなくて来なくなることもあるだろう
また会えるかどうか分からない
様子を尋ねるために、連絡のしようもない

インドにいながらにして日本に生きているようなところがあるわたしは
正直携帯電話とネットコネクションはマストアイテムで
一日の時間をどれほど、そのネットの繋がりに費やしているか分からない
もちろんそれで助けられることはいっぱいあるし、いっぱいあった

インドではその場で薬を選んで処方するということが基本で
また患者さんは次から次へとやってくるので
最適な薬を選ぶために悠長に調べ物をしている時間はそれほどなく(わたしはそれでもしている方で、患者さんに急かされることもしばしば)
ましてやラップトップの助けを借りて薬を選ぶ習慣が、特にここコルカタではほぼ皆無なので
これまた出るとこ勝負というか

その診察の瞬間までに、どれほど勉強してきたか
どれほど自分の身になっているか
その成果をその数分の中で出し切っていく

どんなに長い問診をしても、どんなに丁寧な触診や聴診をしても
わたしたちには処方箋が全て
大げさなようだけど、全てはその処方箋を書くまでの道のりで

さらに結果が全ての世界であるとも思っている
それは治る、治らない、良くなる、ならないということもだけど、患者さんやその家族が治療を通してどのような印象を受けるのかということも含めて
今のところ生まれた以上、肉体の死は誰にも避けられないことなので

言葉たどたどしくしかコミュニケーションをとれないけど
またいつか会えるか会えないのかも分からないけど
人生のほんの一瞬しか共有しないけど
その時に目の前にいるこの人たち
その人たちをとても大切に思う

 一処方入魂

そんなTシャツでもあれば月曜日から来て行きたいくらい、そんな気持ちであります