2015/02/07

ホメオパシーのセルフケアキットを濫用しているうちのおやじっちへ

日本でホメオパシーというとセルフケアがかなり人気なような気が!
結構いろんなところで「セルフケアで使ってるよー」なんて言ってもらえるのはうれしい
地元じゃないところでジモティーに合うような♡

と同時にわたしが今インドで学んでいるホメオパシーと、日本で知られているホメオパシーとに違いがあることにびっくりすることもしばしば

わたしはまだまだ勉強中なので、ホメオパシーのすべてを知っているとはとてもとても言えないけど

でも今までで学んできたことをもとにちょっと書いてみようと思う
治すためのホメオパシーがかえって苦しみを招くことになっちゃったら悲しいので
お父さん、しっかり読んでくださいね!

◯目次◯
1.レメディ(ホメオパシーの薬)には副作用がないからバンバン飲んでok!?
2.一度に複数のレメディを飲むことって?
3.じゃあ最低限の知識って?


1.レメディ(ホメオパシーの薬)には副作用がないからバンバン飲んでok!?


たとえば今高熱があって、下痢もしていて、吐き気もあるとする
その状態を治癒させるホメオパシーの薬は約4000種類のうちのたったひとつ
( §118、§119、それぞれのFoot note)
そのたったひとつの薬を飲んだ場合、いわゆる副作用はない
でもそうではない薬を選んだ場合、治癒は起こらず、かえって悪化したり、今までになかった新しい症状が出ることがある

そうやって治癒を起こす薬は、”similimum(シミリマム)なもの”
similimumとは最も似ている/近いという意味
今持っているこの症状に、最も似た症状を起こす薬、これがsimilimumな薬
”最も”なので一種類しかない

(ここでいう”治癒”というのは、Organonの中でHahnemannが定義した最高に理想的な治癒のことを意味しています
最高に理想な治癒とは、速やかで穏やかで永続する健康の回復、または全範囲から病を除去し消滅させることで、それは最短で、最も信頼的で、最も害のないものである。またそれは容易に理解できる原則に基づいて行われる(§2)
というのがホメオパシー的理想の治癒
治癒と回復は別のもので、薬を飲まなくても自然と治ることを”回復”と定義
以下で使われている”治癒”も同様の意味)

similimumでない薬をバンバン飲むということは、正直あまりおすすめできません

薬害や医原病という言葉があるように、不必要もしくは不適切は治療が度重なると心身にとって負担となります
西洋医学の医原病だけでなく、ホメオパシーの薬による医原病もあるのです(例えばホメオパシーの薬を使ったホメオパシーの理論に基づかない治療を行った場合)
その病が慢性化した場合、それは最も治療の難しいものとなる(§75)

といって恐れすぎては、ホメオパシーの薬による、速やかで穏やかで永続する治癒が起こる(§2)機会を逃してしまうことにも…

そのためには、最低限の知識をつけることが必要!

どうして日本ではこんなに「副作用がない説」が蔓延しているのかハテナだけど
そんなうまい話ってあるかなぁ
もしあったらいくらバビロンシステムいえど、きっとホメオパシーもっと有名だし、みんなとっくにセルフケアに使ってるだろうし、ていうかホメオパスもホメオパシー医もいらないし、え、そうなるとわたしがここでインド人にもみくちゃにされてる意味って…
と思うのだけれども


2.一度に複数のレメディを飲むことって?


ホメオパシーの薬の治験をdrug proving(ドラッグプルーヴィング)といいます

被験者:健康であり、性別・年齢・体質が様々な人間
一度に飲む種類:一種類
飲むポーテンシー:30C

被験者がある一種類のホメオパシーの薬を飲んだら起こった心身の症状
これが事細かに記された本がMateria Medica
この辞典をもとにレメディを選んでいく

よってもし複数の薬を飲んだ場合、人間にどんな作用が起こるのかもしくは起こらないのかということは、今のところ文献によっては知りようがありません(このへんは西洋医学の薬同様だね)(経験的に知っている人はいるかもしれない)

日本で販売されているセルフケアの本は、なにかしらのMateria Medicaをもとに書かれているはずなので、同様に「一種類の薬を飲んだ場合の反応」しか書かれていないはず

複数の薬を同時に飲んだ場合、わたしにはなにが起こるかわからないし、それはこわい状態なので薬は一度に一種類しか飲まないようにしています
もしその一種類で治らなければ、また薬を選び直して前のとは違う一種類の薬を飲む
それで今のところ十分満足に治っているので、一度に複数飲む必要も感じないというのもあったり


3.じゃあ最低限の知識って?


まず症状をしっかりつかむこと(一番焦点あてて治したいものの症状)
症状の起こっている場所(location)、その感覚(sensation)、その症状がどうすると良くなるか、悪化するか(modalities)、身体的or組織的に関連がないのに同時に起こるほかの症状(concomitants)(complete symptom by Boenniinghausen)
特にmodalityは薬を選ぶのにとってもわかりやすいポイントになるんじゃないかと思う

それからその症状を引き起こした原因(causation)
夜更かし、失恋、長い間風にあたっていた、オイリーな食事をした、海水浴、日光浴、悲しいニュースを聞いた、興奮、屈辱etc.

これらをもとに、Materia Medicaと見比べていく
よってそれぞれのホメオパシーの薬の知識も必要
日本で売られている本に書かれているレメディの説明は、わりとメンタル系の症状が充実しているようですが、メンタルの症状って自分で客観的につかむのってすごく難しいんじゃないかと思う
人間社会を生き抜くみなさんならわかるはず、適切な自己評価がいかに難しいか
一方身体症状は自分のものでもわかりやすい
体のどこの部分が熱くて冷たいのか
のどは乾く?なにが飲みたい?どれくらいの頻度でどれくらいの量を?
便の色、におい、回数、その前後での体調の変化etc.
なのでこれらをもとに選んだほうがsimilimumな可能性はupするのではないかと思います

また1つの薬で全ての症状が完璧にマッチするかというと、そんなことはなかなかないはず
なぜならMateria Medicaに記されている症状は、いろんな人で治験されたデータの集合だから(健康であり、性別・年齢・体質いろいろな人にポーテンシー30Cのホメオパシーの薬を飲んでもらい、起こった症状のデータバンク)
人によって症状の出方は違うので、全部が必ずしもあてはまるわけではない
それでもその全体像というかエッセンスというかがsmilimumでないと理想的な治癒は起こらない
というのはホメオパスレベルかもなので
急性症状の場合は、絶対ここは合っていないといけないポイントが合っていることが効く条件だと思う
(それがなにかというのはもうちょっと勉強を頑張るのでお待ちくだされ)

最後に必要な知識は、どこまでセルフケアで対処できるかという限界を知っておくこと
慢性病、命に関わる病はプロに相談したほうがいいはず(ホメオパシーのプロに限らず)
もしsimilimumな薬が選べても、次はポーテンシーを選ばなければいけないし、どれぐらい頻繁に飲むのか、その次はどうするのかと適切な判断をせまられることがいっぱい
それらをクリアしても現実的に、ホメオパスじゃないと買えないポーテンシーもあったり

急性の病(外傷、捻挫、風邪、インフルエンザ、急性の下痢、急性の吐き気、食中毒など)はセルフケアで結構いけるのでは?
怪我したときなんかは大活躍だと思います!
ただ一見急性に見えて症状を抑え込むような対処療法をしていくと、慢性病につながりかねないので要注意


難しいことをいっぱい書いたけど、 適切に使えればなかなか役に立つホメオパシー!

また名ドクターであっても、similimumな薬を一度で選ぶのはなかなかむずかしい
実際に名ドクターが一発目で外しているのをみたことがある(でも二回目で当ててた)
なのでsimilimumでない薬を飲むことは、ホメオパスに相談したとしてもまぁあるでしょう
でもホメオパスであれば、薬同士の相性であったり、解毒の仕方であったりを知っている(はずな)ので、そんなに大事にいたることはない…のかな?
インドの名ドクターであれば、そのへんは間違いないす!
日本はちょっとわかんない…

また現実問題として、
similimumな薬じゃなくて、まぁまぁ似てる薬であっても、良くなることはある
しばしばあるはず
でもsimilimumな薬のときのように、すこーんと治癒するのではなくて、まぁまぁ良くなってあとは自然と回復してゆくというかんじなのかな
セルフケアキットにある薬は限られているので、理想うんぬんはさておき現実問題としてこの中から選ばないけないという状況はきっといっぱいある
そういうときは、手持ちの中でsimilimumなものを

経験によって体得していくしかないこともあるけど、そのためにも最低限の知識はやっぱり必要だと思う
どんなにバッティングセンターでヒット連発しても、野球のルールを知らなければ実際の試合では確実な点にはつながらないように
健康に関わること、命に関わることなので、最低限のルールはやっぱり抑えておくべきかと思います
ビギナーズラック止まりじゃなくて、確実な治癒を連発させるために



なんて偉そうに書いてみたけど、まずはわたしもしっかりセルフケアキットくらい使いこなせるようになりたい!
勉強がんばる!!!

てな調子で、
これからもホメオパシーをごひいきにどうぞ♡


おすすめの本
(i)Organon of medicine - Samuel Hahnemann(§◯と記されているものはこの本の中で該当する箇所)
(ii)Materia medica - Wiliam Boericke
(iii)Repertory - J.T.Kent
(iv)Keynote - B.C.Allen

P.S.インドではホメオパシーでセルフケアという概念そのものがないかもなー
西洋医学の薬も、ホメオパシーの薬も薬局で処方箋なしに買えるんだけど
インドではホメオパスはホメオパシーの医師だし、基本は医師に相談するものという位置付けなのかもしれない

1 件のコメント:

  1. あああ このページもめちゃくちゃ興味深いです。。
    勉強になります。。

    返信削除