2014/07/12

maybe thanks to salsa...


インドに戻ってきてあっという間に一ヶ月近く

なんだかインドlifeも愛おしく感じられてきたぞ

インド人の無愛想過ぎる対応にイラっとしたり、なれなれし過ぎる対応にこれまたイラっとしたり

でもそれもこれも自分の心の持ちようなんだと

どれだけ自分がひらいていられるかなんだと

とりあえずイラッとしそうになったら、まずほほ笑む作戦

これまず自分の健康に良し!



今回は日本の経済力の恩恵に授かって、経済的余裕があるからかなんか心も体もだいぶラク!

お金が解決してくれることも世の中にはあるらしい

yogasalsaにたのしすぎる!

ほんのわずかなことでこんなに変わるんだなぁと



自分の心に素直に

やりたいことをやろうと

理不尽だらけの社会で戦っているみなさんには申し訳ないですが

反動がこないような時間の過ごし方を(前回の帰省から反省するに)

もしくは反動がなるべく小さくすむような過ごし方を



本田圭祐くんは

「泳げない人が水の中に投げ込まれたら、必死にもがきますよね。そうやって無我夢中に乗り越えていくんですよ。」

的なことを



操体法の橋本敬三先生は

「泳げなくても、力を抜けば浮くんですよ」

的なことを



もがかなきゃいけないときもあるし、力を抜いて浮いたほうがいいときもある

その力加減

一生のテーマ



でもいったん力を抜いたら、なんかやっぱりどうしてもやりたいことがあって

どうしても人に任せておけないことがあって

譲れないこと

わたしがやりたいこと



何回も言ってるけど

当分はインドに腰を据えて生きて行きます

ここが今わたしの生きる場所

自分の工夫次第でいくらでも世界は開ける

わたし次第 神さま次第



大学2年目は、いよいよ専門科目っぽくなってきて

授業がたのしい!

学生としてこんなhappyなことはないですね!

といってまだ追試が待ち受けており。。。

進級できますように!!



と、そんなかんじでファン(天井についてる巨大扇風機)だけで過ごすKolkataのモンスーン季にも慣れてきたかんじ

自分の想像を超える自分の適応力

心さえひらいてしまえば、不可能なんてない

と思うくらい



洗濯物は雨の合間をぬって干せばいいし

先生がなかなかこない授業の合間は予習をせっせと進めればいいし

まるで波に乗るように

インドの波をつかんで上手に乗れたら、たのしい



そんな今日この頃

Anatomyの勉強には相変わらず苦労してるけど

I’m happy now here!
おどれるHomeopathic Dr.を目指します


2014/07/05

ホメオパシーってなに?(3)

そんな感じで、薄めまくって震盪を与えられたものが、ホメオパシーの薬になるわけです
薄めれば薄めるほど、人間の深いところに効いてくる
心とかね
急性のケガだったりインフルエンザとかには、逆にあまり薄めていないものを使う 

たしかに薬の原液が含まれていないくらい薄められたものが、一体どうして効くのか
というのは、なぞすぎます
不思議!
でも、”どうして”かが分からないからといって、それが真実ではないということにはならないはず
日本でなじみのある鍼灸のツボだって、まだ科学的にそのつながりは説明できていないし
しゃっくりがどうして起こるのかだってまだ現在の医学では充分に説明できないらしい
だからといって、ツボを押したらこりがとれたりするという事実は揺るがない
むしろ今の科学が説明できていることのほうが、この宇宙で起こっている事象から比べたらうーーーーーんと少ないはず

たしかにホメオパシーは不思議
理解できないところがいっぱいあるかもしれない
 「エセ科学だ」「うそだ」「信じない」と思うことは、まぁ自然なのかもしれないけど
そう決める前に
ぜひ試してみてほしい

その患者さんの症例にとって正しい薬は、副作用をもたないので、どこも痛めることなくまっすぐ治癒に向かう(時間は長くかかることもある)
そして、一度しっかり治癒できたものは再発しない(原因を繰り返さない限り)

まぁいいから試してみてよー!
そんなかんじです

ホメオパシーがすべてではないけど
ホメオパシーにできることはたくさんある
特に今の日本で
1つの選択肢としてホメオパシーがあってもいいんじゃない?
そんなかんじ

みんなのホメオパシー不信をあおらないように
ちゃんとした薬を選べんで、苦しみがラクになるように
しっかり勉強して参りまーす!

どうぞひいきめによろしくやーまん♡

2014/07/03

ホメオパシーってなに?(2)

ホメオパシーがホメオパシーたる所以は、前回紹介した原則
「似たものが似たものを治す」
というところにあるのがひとつ。

これはそんなにしっくりこなくなくもないと思います
例えば、日本でも喉がいたいときに首にネギをまくというおばぁちゃんの知恵袋があるけど、
「いたい喉に、さらにヒリヒリさせるものをあてがって治療する」
というのは、同じ原則によるものじゃないかな?

もう一つ例をあげると、熱湯でやけどをしたとして
”冷やす”というのはAntipathy(アンティパシー)という名前の「反対のことをする療法」
”薬をぬる”というのはAllopathy(アロパシー)という名前の「対処方法の原則がランダムな療法」(今主流の西洋医学のことを、ホメオパシーはこう呼ぶ)
そんなことはないと思うけど説明のために書くと、”もう一度熱湯をかける”というのはIsopathy(アイソパシー)という名前の「同じことをする療法」

そして

”熱湯ではないけどやけどしない限りの熱いお湯をかける”というのがホメオパシー!

聞いた話だと、フランスではこれがやけどへのメジャーな対応なんだとか!びっくり
冷やすと患部の表面の熱はとれるけど、中に入り込んだ熱はこもってしまって、やけどの跡として残るらしい
ちなみにこれは日焼けにも応用可能!
日焼けしてヒリヒリするときは、熱めの湯船につかったりシャワーを浴びるのがおすすめ!
最初はちょっと痛いと思うけど、徐々に熱がとれてラクになるはず
ぜひお試しください◎

というこの「似たものが似たものを治す」という原則に加え
ホメオパシーらしい特徴の2つ目が
「ポテンタイゼーション」!
そしてこれがホメオパシーのことを科学的に理解できないと言わせてしまうところです
悲しかな。。。

ポテンタイゼーションというのは、ホメオパシーの薬を作るときの特別な過程のこと

ではまたDr. Rajanの言葉をかりてみましょう

--翻訳start------------------------ 

ホメオパシーってなに?

ポテンタイゼーション

 ハーネマン[ホメオパシーの創始者]の科学的実験は、ポテンタイゼーションというプロセスに至った。薬を徐々に希釈し震盪を与えていく過程は、薬を非常に強力にし、同時に無害にした。これは現行の医学で使われている薬品の毒性とその副作用に対する直接的な違いである。

 ホメオパシーで用いられるポーテンシー[薬の希釈度合い]はマザーティンクチャー[原液]から100,000番目のポーテンシーまである。大雑把に説明すると、6番目のポーテンシーでは1粒の薬の原液が湖いっぱいの水によって希釈されたものということになる。それぞれのポーテンシーはその前のポーテンシーより100倍希釈されたものである。1,000,000回の希釈を想像すると。。。!

 どうやってこんなファンタステッィクな極限にまで希釈された薬が体内で作用するのか、だれも満足に説明することはできない。しかし、希釈された薬はとても強力に作用する。それはまるでポテンタイゼーションの過程において、蓄積された薬のエネルギーが揺れ動いているようだ。

--翻訳end------------------------  
出典:
「THE SPIRIT OF HOMOEOPATHY」
written by Dr. Rajan Sankaran(ラジャン サンカラン)

注)
[]の中は、わたしが追加した説明です


2014/07/02

2nd B.H.M.S.前半の時間割


休み時間なしにみえるけど、先生が当然遅れてくるので見た目よりはゆったり(Pathologyの先生は時間を過ぎると、ドアに鍵をかけて入れなくしてしまうけど)

Clinicalのクラスは併設の大学病院にて、実際にDr.の診察を観察。ただ一切がベンガル語なのでさっぱり!(無償で医療の提供を行なっているため、貧しい地元の患者さんが多い)

FMTはForensic Medicine and Toxicology(意外におもしろい!)

2年目のほうが専門的になっておもしろいです、今のとこ

このうち2年生の進級試験に科目になるのは
Materia medica
Organon
FMT
Pathology
の四科目

Surgery, Gynaecologyは3年生でも引き続き
Medicineは4年生まで引き続き
それぞれの進級試験の科目に

大学2年目で習う薬

Second B.H.M.S.のMateri medicaのシラバスに含まれている薬

50種類!
性病に関する薬が多いとか?

大学1年目で習う薬

First B.H.M.S.のMateri medicaのシラバスに含まれている薬

(つまり全インドのホメオパシーコースの1年目の学生が授業で習うことになっている薬)
2014年現在(これまでの歴史の中で増えたり減ったりしながらここに至っているとのこと)

1. Aconitum napellus
2. Aethusa cynapium
3. Allium cepa
4. Aloe socotrina
5. Antimonium crudum
6. Antimonium tartaricum
7. Apis mellifica
8. Argentum nitricum
9. Arnica montana
10. Bryonia alba
11. Calcarea phosphorica
12. Chamomilla
13. Cina
14. Colchicum autumnale
15. Colocynthis
16. Dulcamara
17. Euphrasia
18. Ipecacuanha
19. Ledum palustre
20. Nux vomica
21. Rhus toxicodendron
22. Silicea

23. Calcarea fluoricum
24. Calcarea sulphuricum
25. Ferrum phosphoricum

1〜22はAllen's keynoteより(テストの出題は主にこちらから)
23〜25はBoericke's Materia medicaより(授業でも取り扱いうすい)
薬の名前の書き方はAllen's keynoteに合わせました
これがわたしが使っているAllen's kyenote。インドでは主にこれから薬の概要を学ぶ。
なんと一冊89ルピー(150円くらい)!もちろん新品で