2014/06/29

ホメオパシーってなに?(1)

気合いを入れたところで
ていうかいつも気合いを入れるかぐちるばかりで
勉強してるのか心配になったみなさん、大丈夫!不安なのはわたしもいっしょです

「ホメオパシーを勉強している」とわたしの口から告げられて、wikiってくださった方たくさんいると思います
目を通した後に、はてなでいっぱいか、ますます不安になった人が多いはず
どうやらwikipediaはホメオパシーのことをまだまだ知らないらしい
少なくともわたしよりは!

ということで、インドナンバルワン[No.1]の有名ホメオパシーDr.、世界でだって有数の
Dr. Rajan Sankaran(ラジャン サンカラン)の著作
「THE SPIRIT OF HOMOEOPATHY」
より「ホメオパシーとはなにか」という部分を何回かにわたって、翻訳し紹介してみたいと思います!
(はい、結局引用です)

--翻訳start------------------------

ホメオパシーってなに?

 ホメオパシーとは、ドイツ出身の名高い治療家である、サミュエル・ハーネマン医師によって築かれた一つの医療体系である。それは「似たものが似たものを治す」という原理にのっとっている。実際にそれが意味するのは、ある薬が健康な人間に投薬されたときに、一定の症状を引き起こす能力を持つとき、それと似たような症状を示す病気を治す能力があるということだ。

「似たものが似たものを治す」


 例えば、もし健康な人が一服のヒ素を服用したとすると、彼は吐き気、重湯のような下痢、頻脈、衰弱をもよおすだろう。彼の皮膚は冷たくなり、表情が不安げになる。少量もしくは長期間の服用では、鼻水がたれ、重い頭、咳や気管支カタルを患うだろう。後に、特定の皮膚と神経の不調を訴える。彼は体中に灼熱感を感じ、それら温かさによってマシになり、度々水をひとすすりしたくなり、死を恐れ、休まることはなく、病状は正午と深夜に悪化するだろう。

 ホメオパシーの原理「似たものが似たものを治す」によると、このような症状を抱える無数の患者たちが、Arsenicum[ヒ素を希釈して作られたホメオパシーの薬]によって治っている。病名(コレラ、風邪、湿疹、喘息)にかかわらずとも。この原理は、古代のインドの詩人カヴィ-カリダサによって言及されている。
Shruyate hi pura loke, vishaya visham aushadam.
訳すと、「世界中で昔から毒をもって毒を制すと言われてきた。」ヒポクラテスはこの原理を「similia similibus currentur」(似たものは似たものによって治される)と仮定した。

 ホメオパシーの実践は、確かで基礎的ないくつかの原則に基づく。第一に、ホメオパシーで使われる薬[日本ではレメディーと呼ばれているもの]は、その薬が引き起こすことのできる症状がなんであるか調べるために、人間の有志者(証明者)のもとにテストされる。証明者によって体現されたそれぞれのレメディーが引き起こす症状は、その詳細を正確に記録され、その記録がホメオパシーのマテリアメディカとなる。患者が抱えている症状と、マテリアメディカに記された様々なレメディーのうち、最も患者の症状と似ている症状を引き起こすことのできるたった一つのレメディを探し出すのだ(似たものが似たものを治す)。

--翻訳end------------------------  

注)
[]の中は、わたしからの説明です
マテリアメディカとは薬物辞典のようなもので、英語の意味としてはホメオパシー限定のものではありません。大学では一つの科目として、1年生から4年生まで学んでいきます。 

0 件のコメント:

コメントを投稿