2013/06/26

つらいこと、大変なこと、前に進むこと

旅のレポートはちょっとおやすみ、といってもそんなに続けて書けていないけど。。。

朝ちょっと早く起きられたから、ほうきでもかけようかなぁと思って
なにげなく床に目をやると

アリの行列

インドに暮らしていて、家の中で見かけることもそんなに珍しいことじゃない

一応行列の始まりと終わり、折り返しポイントを確認してみる

始まりと終わりは、わたしの部屋からベランダへのドアの外側
折り返しているのは、玄関のドアの外側

日本のおうちのような、外と内をすっかり遮断(虫くんたちの侵入を許さないというレベルで) するようなドアを
インドでのぞむことはむずかしい

そう、アリさんたちにはドアの開け閉めは不要

インドにきてからなんとなく思った
「家」って、人間と自然という外側の環境との間に大きな壁をつくっている存在のような気がする
家の中に、雨は届かない
窓を開けなかれば、風は届かない
カーテンを開けなければ、光が届かない
だからといってなんということはないんだけど

たまにインドの農村部で見かける、家の外に出してあるベットに
おじいちゃんが寝ていたり、子どもたちがあそんでいたり
気持ち良さそうだなぁと
夜は満点の星空を眺めて、目を閉じるのかぁなんて
ちょっと憧れました

3匹のブタの兄弟が、それぞれ違う素材で家を建てて、オオカミに襲われる話
幼心に、木の家がすきだったわたしはなんだかなぁと思ってた
わらの家だっていいじゃないか!木の家もいいじゃないか!
そういうつづきがあったらいいな

もとい
アリさん行列!
ほうきで掃き散らすことは、アリさんの約315倍の巨人であるわたしからすれば雑作もないことで
過去にそうしたこともあるし、このときもその考えが一瞬頭をよぎったり
でも
今日の朝ご飯だか、お供え物だかになる大きな虫をせっせと運ぶ様子を見てしまった
ので
わたしはもうちょっとベットの上で休憩することにしました
(笑)

約1時間後
あんなにきれいに列をなしていたアリさんは、
一匹のこらずどこかへ消えていた
跡形もなく、何事もなかったかのように

あーはき散らさなくてよかったなぁと思ったのと同時に
アリのように生きていけばいいのだと!(笑)

どんなに大きなものだって、みんなでせっせとやれば運べるし
でっかいな、めんどくさいな、大変だなと思う前に、運ぶ!

待つ心の余裕も大事(必ずしも夢の世界へ旅立つ必要はないと思うけど)
なんだってタイミングってものがある

きっと世界はいつかよくなる
原発もいつかなくなる


インドでの生活は、初ポイントを単独ダイビングしているようなかんじです
最初の六ヶ月、ポイントに顔なじみになるまでは特に
今は、知っているポイントで単独ダイビング
そう、潜っている間、美しいものを見たり、おもしろいものに出会ったり、もちろん大変なことも、器材のトラブルもしょっちゅう
でもなにが一番辛いって、共感してくれる(少なくとも境遇を)バディがいないこと!

話題のスーパームーン
ここコルカタでは、しっかりでっかく見れました
でも視覚で確認する以上に、その影響を受けていた
心と身体!

いつも満月のときは、
普段抑えていた気持ちとか想いとかがぶわぁっとあふれて
すごくネガティブな考えに囚われたり、逆にハッピーでいっぱいになったり
なんか自分おかしいなぁと
夜空を見上げて納得するわけです
満月か!と

今回はそれに拍車をかけての、スーパーでっかい満月!!
元ダイビング部員らしいくだりで、寂しさを訴えてみたように、日本が恋しくなっていた上に
夏休みが終わったはずが、ストだかなんだかで2週間も授業がなく、すっかりひまを持て余していたわたしは
ザ・ホームシック!!!(笑)
(お騒がせしたみなさん、すみませんでした)

さらにさらに、女性ホルモンにまでたっぷり影響を与え、二ヶ月ぶりの子宮の大掃除

満月でいろんな感情が爆発すること、正直やっかいだなぁと思っていたけれど
同じように満月大掃除をした心友が「満月だから生理まできたと思ってたけど、感情まで排出!」って
たしかに!
心の大掃除にもなるんだね!

Bobは「泣くな」って言ったけど、泣いていいんだと思う
泣いたらすっきりするよ!

そうして早八ヶ月目に突入です

最初はほんとになにがなんだか
インド人たちは真顔でギャグを言っているようで、コントをやってるようで
映画の舞台に一人乱入しちゃったような、戸惑いとおかしさがあって
たのしんでいたんだけど

でもそのギャグがコントが、我が身にふりかかってくると
もうキレまくり!(しかもキレると結構どうにかなることが多いこともあって)
好奇心丸だしの質問し過ぎの商売根性むき出しのインド人に
ここ最近はまずケンカ腰というか、そうとう無愛想な日本人になっていましたが

ふと、
わたしが怒ってるからむこうも怒ってるんじゃないのかなぁと思った

今度こそ、悲嘆と激怒のお葬式をしたい
さようなら!キレまくりのわたし
おーむ しゃんてぃ しゃんてぃ しゃんてぃ
成仏してください
 
バックパッカーの聖地、インド
汚い、臭い、だまされる
インドにいてしんどいなと思うのは、そんな環境
よりも
そんな環境に反応する、日本では出会わない、もしくは気付いていなかった自分自身
前述の通り、たった1ルピー返してもらえないことにイライラする自分だったり
傍若無人なインド人に優しくできない自分だったり
人間むきだしのインドでは、自分もむきだしにされる

自分に対して、こうありたいと大きな理想を抱いていたわたしは
その理想とほど遠い自分に幾度となく出会い、驚き、悲しみ、落ち込んでた
日本ではできていたはずのことも、できなくて
あれは真実の自然な自分の姿ではなかったんだと気付かされた

ホームシック以上にそんな自分の弱さだったりふがいなさへの落ち込みだったのかもしれない
インドまできてなにをやってるんだろう
日本で苦しんでいる人がいて、闘っている人がいる中で

でもそんなこと、たとえば
「朝早く起きたいのに、起きられません。どうしたらいいですか?」
なんて情けなくて聞けなくて

だけどふとした流れで、オレンジの衣をまとったブラザーに
言葉がもれた
うっかり涙ももらしそうだった

「それはいい兆候ですよ。自分の弱さに気付きくことは。そうやって変わっていけるんですよ」
って

そうか
まずはこんな自分を認めて、受け入れること

ゆっくりゆっくりだけど
ちょっとちょっとだけど
前に進んでる
みんなに支えられて、励まされて
愛をもらって

今日もインドで生かされています

焦らずいこうと思う
高望みせず、本当の自分の姿で

短距離走じゃなくて長距離走
自分のペースで走りきる
ゴールがどこにあるか知ってるから
応援してくれる人もいることだし!
みんな頑張って走っているんだし!

人生の頑張りどきってやつです
頑張って胸をはって日本に帰ります
あー日本に帰りたい!(笑)

2013/06/15

「活気にあふれたお葬式会場、Varanasi」篇 後半

「活気にあふれたお葬式会場、Varanasi」篇 後半
 
Varanasiは日本人にも有名な場所であるが、
それ以上に。。。
韓国人に人気らしい

街にはハングル文字の看板
韓国料理屋さん
韓国語を流暢に話すインド人
そして韓国人に間違えられるわたし

「どうしてこんなに韓国人が多いの?」と韓国人への突撃インタビュー
「どうしてこんなに日本人も多いの?」と質問で返されるパターン

ほかの韓国人いわく、クリスチャンの彼らに教会がインドにいくことをおすすめしているとか?
ほかの日本人いわく、韓国人はVaranasi、日本人はRishikesiとたまる場所が決まってるのだとか?

いろんなインドです

そうしてちょっと仲良くなったハンミとラッシーを飲みに行ったり
internationalな時間を過ごします

二日目の夜
夜ごはんを食べ終えて、さくらちゃんとふらふらしていると
いつもニコニコ朗らかなハンミが、ぶち切れている!
インド人とケンカしたんだかなんだか
「こんなときは大食いヨ!!」
韓国では、イライラを暴飲暴食で解消するらしい。。。
「もう夜ごはん食べちゃいました」
なんて言えない剣幕と

ふと思い出した
『初めに申しあげたように、この「日本語教室」の受講料は、海外からの留学生の奨学金に充てられます。たとえば中国から留学している学生さんが、この奨学金をもらって、「ああ、日本の人も意外に親切なんだ」とちょっとでも思ってくれたら、そして母国に帰ってそう言ってくれたとしたらーーそれこそが私たちにとっての何よりの安全保障になると、ぼくは考えています』
ー井上ひさし著 「日本語教室」 世界にひらかれた日本語に
という言葉

ひさしさんと暴飲暴食を並べては申し訳なさすぎるけど、
そんな小さなことが世界平和につながっていくんだと思っています、願っています
わたし、いつも日本人代表 in the world
「よっしゃ!大食いいってみよー!!」

キムチラーメン
キムチチャーハン
韓国風鍋?
を二人で

正直に告白すると、日本の安全保障よりインドの韓国料理のレベル調査が主たる動機であります(笑)

お味のほどは。。。
ラーメンのびすぎ(それもインスタント)
キムチと名前につくものは、とりあえずキムチをまぜたもの

それでもハンミは、食べることに意義があると、食べまくってました
そして笑顔を取り戻してました



まさかインドで韓国人と大食い選手権な夜を過ごすとは!

旅は出会い
なのかしらん?

年齢のわりに落ち着きまくってるさくらちゃんに、わたしも見習って大人にならねば!と反省し
また、日本の友だちを連れてきたいなぁと思いながら、Varanasiを後にしました





次に向かうは、日本人のたまり場!?Rishikesiです

2013/06/11

「活気にあふれたお葬式会場、Varanasi」篇

ただいまー!!!

一ヶ月に及ぶ旅路から無事帰ってきました

あーなにから書こうか!
思い出してわくわくしちゃうくらい、いろんなことがありました
思い出して恋しくなるくらい、すてきな出会いがありました

今回はインドは北を、東から西へ!

訪れた土地毎に、5篇+まとめ=の全6篇でお届けしてみます
一回で書ききれるかな?

今日は第一話
 「活気にあふれたお葬式会場、Varanasi」篇

Varanasi、ヴァラナシ、ベナレス、バナーラス
どれも同じ場所を示してる

インドを旅行する(日本)人で、知らない人はいないだろうというくらい
たぶんタージマハルのあるアグラについで人気な場所
正直、観光スポットといえば、インドのネガティブなイメージの巣窟のイメージで
あまり好んで行きたいとも思わないんだけど。。。だけれども!

家族全体でなんとなくご縁のある、まだ面識のない友だち、さくらちゃんが住んでいる!
しかもあと2週間で日本に帰国しちゃうという!
これは、会いにいかねば!

思い立ったが吉日
列車に飛び乗りました

揺られること一晩(23:55発→翌日お昼過ぎ着)

さくらちゃんが教えてくれた、目的地(Varanasiの安宿街)にリクシャーでたどり着くと、同時にさくらちゃん登場!!
なんというタイミングの良さ!

ちょっと話はそれてインドの天候のお話を。。。
5月といえば、インド夏まっさかり
インドにきてからのmai変化その1「好きな季節は夏♡」→「好きな季節は消去法的に冬です(しょんぼり)」
”暑い”という概念が、ぶっ壊されました
日本で「暑い」なんていってごめんなさいという感じ
ほんとに暑いと意識が朦朧とするんですね

コルカタは、落ち込むほど湿度が高く(日本の本島に18年、沖縄に5年の私からしても)、一日中じわぁあっと汗をかいている(海に近いため)

内陸のvaranasiまでくると、気温はコルカタより高いけど、衝撃的に乾燥しているので、日陰にいる分にはそんなに辛くない(ただファンから送られてくる風は熱風)

インドでは習慣的に、お昼ごはんの後2〜5時くらいまでお昼寝(寝なくても休憩)する
お店もたいがいその時間帯はしまっていて、夕方になるっと一気に人が湧いてくる
 「酷暑」という言葉がまさにピンとくるこの暑さに出会い、その習慣に納得
たしかにそんな暑い時間に出歩いても、いいことなにひとつもない!
アーユルヴェーダ的にも、ひたすら消耗する夏にはお昼寝が認められています

なんて一人合点承知の助!Varanasiをエンジョイするなら早起きしかない!!
とここの聖地定番、ガンジス河を手漕ぎボートで満喫♪してみよう企画

あ、そうそうこのVaranasiがどう聖地かというと
それは母なる河、ガンジス河(以下ガンガ)を中心とした街だから
ガンガ沿いにたくさんのガート(沐浴するために階段みたいになっている)と火葬場がある
ヒンドゥー教では、ガンガで沐浴すると、カルマが解消されて浄められる(インスタントカルマという説も)
お墓をつくる習慣はなくて、火葬後、ガンガに遺灰を流すことで輪廻から解脱できる(それで解脱できたら、苦労ないですが)
ガンガにそり落とした髪の毛を流すことは、出家のしるし
とにかく偉大な母なるガンガにある、街全体がお葬式場でありお墓であり
土地自体も浄められた
そんな場所なのです
だからインド中からヒンドゥー教の人たちが訪れます
巡礼のために、家族の遺灰を流しに

見た目は日本人でも、予算はインド人な私は
格安ボートを探していました
前日のリサーチでは50ルピー前後とのこと(貸し切りじゃなくてシェアボートの場合)
たくさんのお誘いを、寝起きの悪い不機嫌さも加わって、50ルピー以上のものは無下に断りまくり
ついに、たくさんのインド人が乗り込むボートを発見


早朝のガートかつボート乗り場

「乗って乗って」とおっちゃん
「50ルピー?」「うんうん」(インドでは最初に値段交渉を済ませておくことが重要。心の平和のために笑)
血圧も上がってきたし、よし決めたと、たくさんのインド人のおっさんたちに混ざって乗り込む初ボート

こんな感じでインド人が8人ほど
いざ出発!!
Varanasiといえばボート、ボートといえばVaranasiの勢いで
ボートに安く乗ることしか頭になかった、若かりしあの頃の私。。。


おー!!
これこれ!地球の歩き方にも載っている、ガンガでの朝焼け
いやー早起きは三文の得。。。それ以上のプライスレス!!

大満足していると、なにやらボート一旦停止
インド人たちは口々に「〜に着いたのか?」「ここがそうなの?」とポイントを真剣に確認
ボート漕ぎのおっちゃんも真剣にうなずき返す

すると一同、ガサゴソなにやらおもむろに取り出し始める

。。。遺灰
 


そこでようやく気付く

このボートは、遺灰流しツアーだった!!


日頃「インド人は空気を読むという発想がない」論を公言している、
状況を読めない@Varanasi日本人の小娘をどうぞお許しください。。。
無邪気に写真とりまくってたー
無邪気に日の出エンジョイしてたー
ごめんね、クルーのみなさん。。。

反省の帰り道


それでも母なるガンガは私を包みこんでくれる
。。。
と思うことにした(笑)






早速、カルマ解消に励む
ちなみに遺灰ツアーは20ルピーでした(インド人もびっくりの破格?)

そうこうしている間に太陽は昇りきり
酷暑の時間帯
部屋で夏休みの宿題に励む25歳

夕方!Varanasi名物その2、PUJA(プジャー)
プジャは、ヒンドゥー教のご家庭では奥さんというかお母さんというかが、
朝晩の1日二回
祭壇にお花を供え、お香を捧げ、小さなベルを鳴らして、お祈りをする
Jyoti(クラスメイト)はプジャの度に「シャワーをあびなさい」とお母さんに言われてたそう
道を歩いていると「りんりんりん」とどこかのお宅のベルの音に遭遇することも少なくない
そのプジャを、7倍増しくらいの大々的にやった感じがVaranasi!


このプジャに参加して、
あーVaranasiが人気なの分かるなぁ

来てよかったなぁ
と思ったのでした

多くの日本人がもっているイメージのインドがここにある
そんな感じ

インド人の効率の悪さとかしつこさとか適当さとか
そういうものをぶっとばす、信仰心
をとても感じやすい気がする

儀式を行なう僧侶たちは
まるで踊るようで
ヒンドゥーの神さまの1人であるシヴァの変化系であるナタラジは踊りの王様だったり
インドの古典舞踏も歌も、神さまへの捧げものであったり
なんかall for oneだなぁって

うっとりした夜でした

とここまで書いてうっとりしてきたので、Varanasi篇後半は明日へつづく