2013/04/29

インターナショナルホステルで教育とグロバリゼーションについて考えてみるの巻き

満月の日に日本を飛び立ったこともあってか
インドにきてから、魔女の宅急便ごっこをすること、計5回
(ほこりまみれの部屋をずぼんをまくり上げて掃除するアレ)
ついに、転勤族から解放されました
定住の地は、 その名も。。。
インターナショナルホステル!!

我が大学は、国立ということでインターナショナルであります
といっても
ほぼスリランカン(30人くらい?)
あと少しのバングラディッシュ人(5人)と
ネパール人(3人)と
ウクライナ人(1人)と
日本人(1人)

ゆえに、基本はインド人の変化系
くらいにしか思っていなかったウクライナ以外の国の出身の方々
でもやっぱりまとまってみると、そこはちがうよう

今は学年は先輩で年齢はいっしょのスリランカン「ニーロ」とルームシェアしています
インド人のように質問攻めが習慣化しているわけでもなく
人との距離感が近過ぎるわけでもなく(一応私が買ったものを使いたいときは、まず許可を求めてくれる)
勉強も教えてくれるし
スリランカ料理食べさせてくれるし
マンゴー分けてくれるし
なんかすてきなnew life♡

新しい寮は、大学からちょっと遠いけど、
なにやら勉強したくなるような机に、蛇口からお湯が出るようにヒーターつき!
(今は故障かなんかで結局出ない。。。笑)
施設は☆→☆☆☆に大いにランクアップ!


さてさて、
二桁×二桁のかけ算を余裕でこなすことで有名なインドの教育
そのインド人の最も得意とするところは。。。
ずばり、「暗記」
学校教育の基本は「暗記」と言わんばかりに、とにかく憶える憶える憶える。。。
だから、新しい言語を学ぶことなんか本当に朝飯前といった感じで
すごい勢いで吸収していきます
同級生のシータ(我が学年の学級委員長、これまで出会った史上最も学級委員長!若干17歳にして、うちの父に「このお姉さん何者!?」と言わしめたオーラの持ち主)は、
まず母国語であるヒンディー語、地元の言語であるベンガル語、学校で使う英語、それに加えて、お母さんの地元の言語であるタミル語(南インドの言語)を余裕で使いこなし、
さらにその上!!
シータのお父さんは「どうかお願いだから、娘に日本語を教えてやってくれ!」と真剣に懇願
この語学力には本当にびっくり!
(でもこれくらいのことでは、インド人はびっくり!しない。むしろ若い世代は3ヶ国語が普通)
新しい言葉を学ぶことに心の抵抗がない、ってことが大事なのかなー
私のヒンディー語とベンガル語はいっこうに上達しないのに。。。

これだけ読むと、インド人すげぇ!ってなる!でしょ?
たしかにすごいんだけど、すごいんだけど。。。インドの方には大きい声で言えないけど
インドの人はやったことないことはできません(という傾向があるように思います)
例えば、携帯ショップで
いつもやってる仕事はできる
でもやってないことはできない→できるだれかを呼んでくる(実話)
日本人だったら、コピーをとること、若い世代であればそれこそ朝飯前
インドではコピーをとる仕事の人はひたすらコピーをとり
やったことない人はもちろんできないし、やろうとも思わない
(ちなみにインドではコピーをゼロックスと呼びます)
つまるところ、応用力ゼロ!(あ、限りなくとしておこう)
だからか、なにか先生に指示されたときは「まずとりあえず従っとこう」的なノリです
「なんで?」「どうして?」は禁句で、「とりあえずやる」
それはそれで強さではある

でもそんなスタイルがゆえにこの国は成り立っているのかなぁと思うところもあって
たとえば、カレー屋さんの息子はカレー屋さんだし
お母さんがホメオパシーのお医者さんになるのがいいと言えばこの大学に通う

人の領域をおかさない
信じるものを心から信じる

どうしてカレー屋にならなきゃいけないんだとか、そういう疑問自体存在しない
「受け入れる力」
があるように思う
「自分探し」なんて言葉がきっとインドに存在しないんじゃないかな

ちなみにそうやって母の薦めで、この大学に入学したジョティに
「それでいいの?」と聞いてみると
「いつもお母さんが選んでくれたことは、私にとって一番良い選択だから」って
だから「結婚もお見合いでするんだよ」って
自分を言い聞かせようとか、無理してるとか、そういうことを全く感じさせずに
さらりと言いました
ごくごく自然に

実際に教育を受けたことはないけど、話に聞く限り、それと対をなしている
アメリカの教育
きれいに文字を書くことよりも、暗記力をつけることよりも
大事なのは「考えること」

たしかにインドにきてからびっくりする
ジョブスの天才さ!笑
インドでiPhone使ってるんだけど、充電器がふたつに分かれてる、その先っぽだけが国のコンセントの形に合わせて違うようで
(ちなみにPCの電源もプラグのとこだけ、変えられるようになってる)
世界をシェアにすること見越してる
日本のiPhoneではその機能が削除されてるみたいだけど、インドで買ったものにはpersonal hot spotっていうのがあって、iPhone自体がwi-fiモデムになる
だからiPhoneさえ回線につながっていれば、それだけでPCもネットにアクセス可
あ、べつに回し者ではないはずなんですけど
でもiPadのおかげで、インドでも伊坂さんの新刊が読めるし(iPadじゃなくてもいいけど)
もちろんiPhoneで日本語タイプできるし、iPhone同士であればインドでも日本語でsmsができちゃう
アプリにしたって、日本の新聞も読めるし、日本の音楽も聞けるし、タイムラグなく友だちとつながっていられる

グローバリゼーションって世界中の人のためじゃくて、世界をまたにかける人のためにあるんだなぁとひしひし

ピザハットやKFC、マクドナルド、subwayってインドでは高級飲食店の部類で
日本の値段と比べれば安いけど、でも30ルピーもあればお腹いっぱいになるここインドではやっぱり高級
それでも一応一部のリッチなインドの胃袋はキャッチしているようだけど
でもやっぱり必要ないといってしまえばそれまでで
必要としてるのは、マクドナルドに故郷の味を見出す人たち(日本人もそこに入ってしまうのか?)
その人たちのために、これほどまで進出しちゃってる気がする
ドミニカ共和国にもマクド、KFCその他もろもろあるんだって
でもやっぱり地元の人は高くて食べないらしい(O氏談)

もとい、
暗記のインドと
発想のアメリカ
日本の教育はその中間なのかな?それともどっちつかずの中途半端?

この世界の示す多様性は、人間の可能性のあらわれだとすれば
いいとこどりで小躍り♪
がいいなぁと思う

そして、一つ確信を持って言えることは
(私のジャパニギャグはさておき)
日本人のギャグセンは世界に誇れると思います!
(※レベル高すぎて理解されない可能性は充分にあり)

 

2013/04/22

人生の下積み時代

だいすきなお店のbirth dayを祝うmovieを同級生たちと撮影していたら、
盛り上がりすぎて
先輩に怒られた5ヶ月目のインドです
(ちょうど試験の時期につき)

近頃しみじみ思う。。。

これを「下積み」というのだなぁと

これといってなんということもない(いや毎日インド人たちはおもしろいではある)
少しずつ知識を積み重ね、理解を深め
淡々と過ごしていく
そんな毎日

ホメオパシーという医療を学んでいるということを公表してから、
身の回りの人たちが、自分の抱えている病の話をしてくれるようになりました
普段接しているときは、全然気付いていなかった症状
偏頭痛、ひどい生理痛、何回とってもなくならないイボ。。。あれやこれや
みんな実はそんなに苦しんでいたのかと毎回びっくり

でも今はなんの役にも立てない無力なわたし。。。

悲しくなるような日本の現状にどんなにへこんでも

今はなんの役にも立てない無力なわたし。。。

これまでの人生のすべてが
これからの人生のすべてが
下積みであると言えないこともない
というかそうなのかもしれないけど

ふと思い出した
ちょうどインドに来る前に、あそんでもらっていたカッコ良すぎの、輝きすぎの大人たち
みんなダンサーやらライターやら料理人やらシンガーやらDJやら自分のお店をもつ人やら大工さんやら
”手に職”の人たちで
ふと思い返せば、あのすてきな大人たちはみんなわたしの知らない時代にふんばってきたんだなぁって
それが花開いて、今あんなに輝いてるんだなぁって
そうか、わたしも今がふんばる時なんだなぁって


今はぐーっとこらえる下積み時代
5年後(6年になるかもという恐怖のうわさもあるけれど)にしっかり役に立つように
今は地味にまじめに毎日を積み重ねていくのだ!!(←実は一番苦手だったりしなくもなくも。。。ないことはない!)

コルカタの”く○”がつくほどの暑さに、夜眠れなかったり、身体がだるかったり、調子がいまいちだったりして
試行錯誤していたけど
でもそんな経験も
眠れないってつらいんだなぁとか
やりたい気持ちがあっても身体がついていかないこともあるんだなぁとか
ひとつひとつ再確認
今はどんな病気もwelcome
いろんなことを検証する絶好のチャンスである!
(といいつつ、いざ病気になるとヘナヘナしているのはナイショ)
かかる病気すら下積み時代のアドバンテージ

ホメオパシーの治療の理想として
「病を患っている人は、すでに苦しんでいるのだから、それ以上苦しめてはいけない」
というものがあって
当たり前っちゃ当たり前なんだけど
病気になるとなおのこと、本当にそうだなぁと思う

なにやら「ひとりひとつは病気が当たり前の時代」みたいなことをどこかで読んだけど
そんなことない
健康が一番!はまちがいない

ということでちょっとご紹介!
「自然にシンプルに健やかに」を目指すわたしが卒業したものたち

1.電子レンジと冷蔵庫
:これはインドの環境によって自ずとではあるけど、電子レンジって本当は有害!みたいなことはネットにいっぱい情報がありますね。なにを信じるかということだけど、やっぱりできたてのおいしさはまちがいないってことで!

2.毎日髪の毛を洗うこと
:毎朝ぬれた髪の毛で教室に来ていたわたしに、「毎日髪の毛洗っちゃだめだよ。多くても2日に1回」とありがたいご指摘のおかげで、やめてみた!すると、毛が!生えてきた!たくさん!今まで生えてなかった部分にも!!おかげでおでこ狭くなりました!

3.ケミカル(市販の)シャンプー、石けん、ケミカル洗濯洗剤
 今はインドのハーブを使って髪というか頭皮を洗ってみてます。まだ試行錯誤中なんだけど、ひとつ気付いたこと、生のものって腐る!ハーブを水でといて、一週間も置いておけば。。。なんだかオイニーが。。。シリコン入ってないとか、オーガニックとかでも腐らないってことは、なんらかの化学的な工夫がしてあるんだろうなと思った!
 石けんはよっぽど身体が汚れたなぁと思うときだけ。それ以外はニームというハーブと布良というタオルでごしごし(最近はヘチマたわしに移行中)。久々に石けんを使うと、身体の油が全部もってかれちゃうのがよくわかる。
 洗濯洗剤もリタ(別名ソープナッツ)というハーブで!どれくらい汚れが落ちているか正直よくわかんないけど(水洗いだけで7割は汚れが落ちるといううわさも)、すすぎに神経使うこともないし、手も荒れないし、いいにおいだし、おっけーてことで◎このリタ、油ぎれも抜群!食器用洗剤もいらない!ちなみに農薬除去効果もあるとか?

3.パンツ(笑)
:ゴムのしめつけって身体に良くないって知ってます!?ゴムってずーっと同じ場所をしめつけ続けてる。伸縮しないひものしめつけとは、全く似て非なるものです。人生の先輩がこっそり教えてくれたんだけど、「生理痛にならないコツ!毎日ノーパンで寝ること!でもこれ、教えてもみんな実践しないんだよね〜」ということで、それから貴重な実践者になってみましたが、効果絶大!それから空気パンツというものにも出会い、昼間もゴムのしめつけフリー!近頃はインドの服とインドのトイレの手動ウォッシュレットを考慮して、常にノーパン実践中(笑)もうパンツはけないー!今はどうしたら上半身のしめつけからフリーになれるか考え中。思えば、日本の着物にしろ、インドのサリーにしろ、伝統的な衣類はノーパンノーブラが基本!?

4.使い捨てナプキン
:これは結構前から。なんか使い捨てがいやで、布ナプキンを使ってます。おかげで特有のにおいから解放されました!究極は、ナプキンいらずだそうな!そんなまさかと思うけど、昔の女性はできていて、わたしたちにできないはずがない!興味のある方は「オニババ化する女たち 三砂ちづる」という本を。とても衝撃的!

http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334032661
月経血コントロール
https://sites.google.com/site/francecithare/top-page/gekkei-chi-kontororu-no-heya/gekkei-chi-kontororu-tte-dou-yaru-no

かなり思い切って、私生活公表してみました(笑)
陰謀説だなんだ、ああだこうだ、特にネットでの賛否両論から真実を見つけ出すのはとってもむずかしいけど
わたしの場合、
とりあえず試してみて、あとは気持ちがいいかどうか!それだけ

でもおかげでどんどんシンプルになってる
毎日髪の毛を洗わない、それだけでどれだけちがうか!
特にインドはそれを試してみるのに、最高の環境
ハーブはとても簡単に格安で手に入るし
これ近頃のたのしみのひとつ
あ、今度帰るときはおみやげにいっぱい持って帰ります!!(←いつになるかわかんないけど)

長くなったけど、ついでにもひとつ
ここカルカタでは、日本での柿や梅のようにごく自然にマンゴーがたわわに実っていて
沖縄ですら、マンゴーのお手入れはとても大変そうだったのに
でも本来はこういうものなんだなぁって
無農薬のリンゴが流行ったりしてたけど
でも柿の無農薬、無肥料、無除草はごくごく当たり前で、なにもおどろくことがなくて
そういうものだけでいいんじゃないかなぁって
それが必要なものなんじゃないかなぁって

あら、地味な毎日にも気付きがあるんですね
てか、地味に思うってことは慣れてきたってことなのかなー!
どうやらさすがのインドも5ヶ月目には慣れてくるようです
そして上達したと胸をはって言えるのは、筆記体!!

たのしむぞー下積み時代!!!
5年後の自分を信じられるように

2013/04/04

初めてのおうちstay!!

ジャッキー•チェンさながら走る電車から飛び降りたところ
受け身の取り方を学ぶ必要があると実感した今日この頃
あのインド人たちからどん引きされ、おっきな青たんいうおまけつき。。。
だってインドの電車のアナウンスよくわかんないんだもん!!
危なくどっか違うとこに行っちゃうとこだったんだもん!!
でもなぜか私が飛び降りて転げた直後、電車が止まるという現象。。。
いろいろイタいよ! インドです!

もとい、
ついこの間まで、日本から心友があそびにきてくれていました

最近仲良くなったシューカニヤ(良い女の子という意味らしい)
わたしの顔を見ると「イッチ、ニィー、スァン、スィー。。。。ジュー!」と日本語で数を数え出す、とっても元気な女の子
「まい、うちにあそびにおいでよー!
 いつくるの?」
「今週は日本から友だちがくるから、来月かなぁ?」
「なんで?友だちも連れてくればいいじゃない♪」
ということで、そろって初めてのホームステイ体験!

普段寮でピチピチインディアンギャルのみと生活しているので、インドの家庭に潜入するのは、とってもわくわく!!

最寄りのバス停まで、シューカニヤが迎えに来てくれて
良い歳した女子二人(ともに25歳)の手を、両手でひいてくれます
(インドにきてから、交通量の多い道路を渡るときなど、年下のインド人girlにしょっちゅう手をひかれてます)

しばらく歩くこと数分、ついたおうちは3階だてで立派!
早速お母さんが登場し、おうちに招き入れてくれます
着くなり
「水飲む?お腹すいた??」
あらあら、そんなに気を遣っていただかなくても。。。
なにやら熱烈歓迎の予感!
そして次から次へと出てくるおばさんたち
一体何人家族なんだ!?
「何人で暮らしてるの?」と聞くと
「。。。何人住んでるのかは数えないのよ」とシューカニヤ
よくわかんないようなわかるような文化
推定2家族とおばさん1人が1つのおうちで暮らしていたような

そして夕方のpuja(お祈り)を見学に近くのお寺へ
めちゃめちゃ地元感あふれてます
いつものごとく「日本からきた友だちだよ」とひたすらいろんな人に紹介されて
でも信仰を感じるすてきな時間

そして再び帰宅
夕食タイム!
メニューはaloo(じゃがいも)のカレーとpaneer(インドのチーズ)のカレー

なぜかわたしたち二人だけ
シューカニヤのお母さんは食べなさい食べなさい!と次から次へと運んでくれます
沖縄以上の「かめーかめー攻撃」
ベンガル料理はお砂糖を使うらしく、全体的にちょっと甘め
でもとってもおいしかった!!
ちゃっかりお母さんに料理を習う約束をとりつけて。。。♪

続いて、先週あったというシューカニヤのbrotherの結婚式の写真を見せてもらいます
インドではいとこのお兄ちゃんも’brother’
次々と繰り広げられる色鮮やかな世界に感嘆していると。。。

恒例!インディアンダンスタイムー!!
結婚式の一幕で、シューカニヤが新郎新婦と踊り狂うmovieがでてきた途端、
もうひとりのいとこbrotherの小さい男の子、スリヤーヤン(太陽の道という意味だそう、ちなみにシューカニヤが命名)が「これ!ぼくー!」といって踊り始めます
彼がスリヤーヤン

続いてシューカニヤがボリウッドダンス並みに踊り出す
これは、日本人として踊りゃにゃ損!損!と
シューカニヤを参考に、わたしもボリウッド!!的に踊ってみる
続いて、わたしの心友ちゃんも!
そして、もう一人シューカニヤの親戚の女の子も!

。。。異様な雰囲気
しかし、たのしすぎるー!!

盛り上がってる中、シューカニヤのお父さん、おじさん帰宅
静かにしなさいと怒られるのかと思いきや、エネルギー補給にインドのスイーツをくれて
おじさんはさながらDJ!!ごっそりCDを持ち込み、いい曲を選んでくれる
お母さんはせっせと水分補給にお水を運んでくれて
汗だくになれば、シューカニヤが、身体がさらさらになるパウダーをくれて、香水までまいてくれた
「なんかできることはない?遠慮なくなんでもいって」
ありがとうと言うと
「ありがとうなんて言わなくていいよ!家族同然なんだから!」

そのあと、クリケットをしたり
クリケットというかボール投げ?

「お腹空いてない?なんか食べる?なんか飲む?」
「いやもうお腹いっぱいだから大丈夫です!」
という会話を数回繰り返し、本当に至れり尽くせりをしていただいて
夜は更けていきました

朝は朝で、チャイとビスケットに始まり

バナナとコーンフレークの朝ごはん

今日の予定はシューカニヤのおうちからでかけた後、そのまま帰宅するよと言うと
お父さんは「どうして?また戻ってきて、お昼ごはんをうちで食べればいいじゃないか!」
丁重にお断りするも。。。
結局泊めてもらった上に、お菓子いっぱいおみやげまでもらっちゃって。。。
シューカニヤのお父さん。このバイクに4人乗りして送ってもらった!


インドのことわざというか格言というか、に
「お母さんは神さま
 お父さんは神さま
 先生は神さま
 お客さんは神さま」
(たぶんこんなかんじ)
という言葉があります

後日、シューカニヤに
「なんであの時、わたしたちと夜ごはん一緒に食べなかったの?」
と聞いてみると
「わたしたちは夜11時頃ごはんを食べるんだよ。それにお客さんがきたら、まずお客さんが食べるの。普段わたしたちはテーブル使ったりしないで適当に食べるけど、まいはお客さんだからあのときテーブルも出したでしょ?」

徹底した歓迎っぷりに、ほんとにびっくりしちゃいます
ありがたすぎる!!

たしかに、外国人であるわたしは、言ってみればインド人全員にとってのお客さんで
電車に乗ってれば、おばちゃんが座席を分けてくれたり、
また別のおばちゃんがぶどうとお菓子を分けてくれたり。。。

ちまたには、インドで起こっている一部の悲しい出来事が大きく取り上げられているようですが
私が出会うインドは、幸運にもとってもあったかい

最近つくづく感じていること
内地(沖縄を除く日本)の人間関係を「水」に例えるなら
沖縄の人間関係は「はちみつ」で
インドの人間関係は「よく練った後のねりあめ」
伝わるかしらん?(笑)

インドでは、身内のこと、親戚であれば家族というし
名字が同じであれば親戚
いとこは兄弟姉妹
だから一人っ子(インドでも意外と多い)でも、全然一人で育つわけじゃない
先輩後輩という表現はなく、お姉さんお兄さんと呼ぶ
道ばたでチャイを売ってるおじさん、リクシャーのおじさんも、お兄さんおじさんと気軽に声をかける
「ありがとう」と言えば、「他人行儀だからやめてよ」と言われる
(だからなにかをしても、ありがとうを期待してはいけない(笑)in India)

たとえば、わたしが兄弟にすること、両親にすること
インドではそれは友だちにすること
たとえば、わたしが友だちにすること
インドではそれは通りすがりの人にすること

人間関係がほんとに密、濃い!

思えば、来て当初はひたすらそれに戸惑い(今もたまに)
悩んだりしてたけど

5ヶ月目ともなると、だんだん慣れて来て
自分の心も開けてきたからかな?
その濃さを受け入れられるようになってきて
むしろそうじゃない日本の人間関係に寂しさを覚えたりすることもあったりして
不思議なもんですね

別の言い方を試みると
人と人の距離感がほんとに近いような気がします
自分と他人の区別が限りなくない

ずっと赤ちゃん(ほぼ裸)を抱っこしてるお母さんは
自分の尿意を感じるように、赤ちゃんの尿意も感じるらしい

そんなかんじ

若かりし頃、マザー・テレサの物質的先進国への感想があまりぴんとこなくて

「英国は福祉国家です。けれど、夜歩いて家々を訪れると、人びとが愛されずに死にかかっています。ここにはちがった貧困があります。精神的な貧困、孤独、必要とされていないという貧しさ。結核でもハンセン病でもなく、これこそが、今日の世界の最もひどい病です。」
ー「マザー・テレサのことば 神さまへのおくりもの」P70

日常的にこの「あったかさ」があふれているインドで時間を過ごして、やっとその言葉のに納得がいくようになりました

勉強をしている時、何度も思う
「最初っからインド人に生まれてればこんな苦労しなくていいのに!!」
だけど、インド人に生まれていれば、ここで今ホメオパシーを勉強はしていなかっただろうし。。。
そう気付いて、やっぱり今がベストなんだろうな!と何度も我に返る

日本に生まれ育って、インドで5年間ホメオパシーを勉強しながら、人生の修行をして、日本に帰る日本人
それがどうも今回のわたしのmissionらしい

とってもありがたいmissionです :)
ありがたやー!ありがたやー!

あれれ?
たのしい話を書くつもりが、すっかりまじめに。。。
ついつい性格出ちゃってすいません!←

よく「インドでやってければ、世界のどこでも大丈夫!」なんて言われるけど
ふと思う、逆に日本でやっていけないかも!?!?

帰国後やたらなれなれしく、ありがとうも言わずに勝手にペンとか使ってたらそれとなく諭してください(笑)

だいすき!インド
だいすき!ニッポン

貴重な経験をありがとう、シューカニヤ♡
ぶはっとだんにゃわーど!